緑内障手術直前の眼圧上昇対策

緑内障の手術の直前に、眼圧が上がるということはよく知られています。この眼圧の上昇を抑えるために、より有効と思われる手立てがひとつ、2011年4月に論文として発表されました。

 この研究は、60人の患者さんを対象とした比較試験で、以下の2つのグループの間で、前後の眼圧の変化の比較をしています。
(1)麻酔をかける20分前、麻酔後に、特定の機器を用いて外眼部圧迫をしたグループ
(2)麻酔後にのみ特定の機器を用いて外眼部圧迫をしたグループ

 この論文において、結論は、(2)麻酔後にのみ特定の機器を用いて外眼部圧迫をしたグループで眼圧は下がったものの、麻酔をかける20分前に外眼部圧迫ををすることは、有用ではないとしてあります。

 現在の手術を含めた緑内障の治療のあり方は、このような地道な比較試験等の積み重ねです。今後もさらなる知見が積み重なっていくことに期待したいと思います。


引用文献:
Anaesthesia. 2011 Apr;66(4):278-82. doi: 10.1111/j.1365-2044.2011.06627.x. Epub 2011 Feb 24.
Reduction of intra-ocular pressure by ocular compression before combined peri- and retrobulbar block.