他科にも一寸関心を 歯周病の話

「歯周病」という病気をご存知でしょうか?
 歯科検診をうけた人の8割は、この歯周病になっているといいます。歯周病は歯槽膿漏などとも呼ばれているようです。初期の歯周病の自覚症状はほとんどありませんが、病状がすすんでいくと歯ぐきが赤く膨らんだり、血がでたりします。最後は、歯が抜け落ちてしまいます。
 この病気は、毎食後必ず3回、一生懸命歯を磨いているからと言って大丈夫ということはありません。テレビのCMで流れる歯磨き剤をいろいろと使ってみても、音波歯ブラシを買ってみても、自己努力だけではどうもうまくいかないようです。
 歯科医院にいって診てもらうと、自分ではうまくやっていたと思っていても磨き残しがあったり、歯と歯の間の清掃がうまくいっていなかったことが分かります。そして、歯磨きをいくらやっても歯石は取れないので、歯石が付いてしまったら、歯科医院でとってもらうしかありません。このように、歯周病では、歯科医院での治療や定期的な口腔管理が大事です。
 また、歯周病は、栄養不良、肉体疲労や精神的ストレスとも関連していると言われています。深夜遅くまで無理をした翌日の歯ぐきを見ると、腫れているということもありますね。逆に、健康な歯が健康な身体をつくる源になっていることも知られていますので、健康な歯と健康な身体は、切っても切れない関係ということになります。
 「80歳で20本の自分の歯を」というように、自分の歯で健康を維持していきたいものです。(M)